評判で検証 スピードラーニングなどリスニング教材に効果はあるのか

HOME » 英語リスニング教材別 口コミ評判まとめ » 英語耳

英語耳

ここでは、英語耳の特徴や内容、価格、口コミ評判などについて紹介しています。

まったく新しいタイプの英語学習本「英語耳」

英語耳の評判を調査

英語耳は、アスキーから刊行されている英語学習本です。

「英語耳」のシリーズは、他に「語源耳」「単語耳」「英語口」「英語脳」「英語耳ドリル」「英語耳ボイトレ」「ベッキーde英語耳」「マーフィーの法則de英語耳」など、数多く刊行されています。

「英語耳 発音ができるとリスニングができる」は、3年間で35万部の販売実績があるそうです。ネイティブのような発音と、映画を字幕無しで見られるようになるリスニング力を体得できる本で、TOEIC対策としても人気のようです。

日本語と英語は、構成されている「音」がまったくと言っていいほど違います。英語には40個以上の音があると言われています。

そのうち、日本人が正しく発音できるのは数個だけだそうです。そして、自分が発音できない音というのは、きちんと聞き分けることもできないとのこと。

この「英語耳」では、本書前半で発音の基礎を徹底的に練習します。そして後半は、歌を使ったParrot's Lawという学習法や、ペーパーバックの読書といった総合的な英語の学び方を紹介しています。初級者から上級者まで、すべての英語学習者対象の、まったく新しいタイプの英語学習書です。

著者である松澤喜好氏は、リスニング力を上げるには英語を聞くだけではだめで、聞いて英語を発音し、英語を声に出して読むことができなければリスニング力を上げることはできないと説いています。

  • なぜ日本人は英語を聴き取ることが苦手なのか?
  • なぜ発音をマスターするとリスニング力の向上するのか?

このような疑問がわかりやすく解説されています。

英語耳の教材について

  • 英語耳[改訂・新CD版]発音ができるとリスニングができる
    A5版184ページ 音楽付属品CD1枚
    1,600円+消費税

英語耳の口コミ評判

  • 1ヶ月程度で一通りの発音ができるよう頑張る!
    初日は時間もかかり、やっぱり無理かも……とちょっと弱気になりましたが、翌日、翌々日と練習するのがだんだん楽になります。CDを聴きながら子音の発音・母音の発音・Rの発音・音声変化と進んでいきます。イラストや発音のポイント解説で、どのように発音すればよいかイメージがつかみやすくなっています。1ヶ月程度で一通りの発音ができるようになるという言葉を信じてがんばります。
  • かなり効果を実感できています。
    以前からHPでこの本のことは知っていました。この本を購入して実際勉強してみないと!と思いやっと購入。もっと早くに購入しておくべきだったと少し後悔しています。発音の重大さにかなり気づかされ、現在、謙虚な気持ちで実践中です。まだ第5章までしか練習できておりませんが、効果は実感できています。一通りやれば、英語力もかなり上がるのではないかと期待しています。
  • 挫折することなく続けられました。
    英会話教室に5年程通いましたが、ほとんど身に付きませんでした。努力不足だとようやく気付くきっかけになったのが、松澤先生の英語耳の本でした。この本を使って1か月、独学で英語を勉強し始めました。最初はまったく発音ができなくてショックを受けました。でも、先生の本はとても面白くて、挫折することなく続けることができました。その結果、本当に英語が聴き取れるようになりました。凄く嬉しいです。